オーストリア,特徴

オーストリアの伝統的なお菓子

ウィーンのお菓子といえばなんといってもメールシュパイゼン(Mehlspeisen)、つまり小麦粉で作られたデザートが美味しく、世界的にも高い評価を受けています。

 

 

シュトゥルーデル

りんごやチェリーなどの詰め物を小麦粉で何層にも巻いた甘いお菓子です。ホイップクリームに絡めて食べることが多いです。

 

なお詰め物を何にするかで味は無数に生まれます。とくにりんごを巻いたシュトゥルーデルは「アプフェルシュトゥルーデル」と呼ばれオーストリアの名物的デザートとして知られています。(起源はハンガリーだそうです)

 

シュトゥルーデルはオーストリアにいったら是非食べていて欲しいお菓子の一つですね。

 

ちなみに詰め物を果物ではなく肉や野菜にしてメインディッシュとして扱うこともあります。

 

パラチンタ

ジャムをクレープ生地で包んだシンプルなお菓子です。「パラチンタ」の語源は「プラケンタ」で、ラテン語で「平たいケーキ」を意味しています。

 

何を挟むかでバリエーションは無数に生まれます。

 

ジャムやあんこを挟んでデザートにするもよし、肉や野菜を挟んで主食にするもよしです。

 
page top