オーストリア,特徴

オーストリア料理の特徴

オーストリア料理の特徴を肉料理・魚料理・野菜・お菓子など各ジャンルでそれぞれ紹介しています。

 

 

肉料理

オーストリアでは牛肉料理が好まれています。

 

ターフェルシュピッツという牛肉の煮込み、シュニッツェルという子牛のカツレツなどはオーストリアを代表する肉料理です。

 

また豚肉の消費も多く、一般家庭を中心にベーコンやハム、サラミにして食べられています。

 

魚料理

オーストリアでは魚料理はあまり食卓に出ることはありません。

 

かつてのオーストリアでは南北から大量の魚が輸入されていましたが、じょじょにそれも少なくなりました。

 

またオーストリアは内陸の国ですので海水魚よりも淡水魚の方がよく消費され、とくに鯉料理が好まれています。

 

野菜

冬の厳しい寒さに備えて、豆のように日持ちしやすい野菜が好まれます。

 

またジャガイモの消費が多く、肉料理の付け合わせやポテトサラダに使われるのが一般的です。

 

お菓子

オーストリアではお菓子作りの文化が根付いており、ウィーンのお菓子は世界的に評価されています

 

ウィーン市民はお菓子が大好きで、レストランで注文する時にもまずお菓子から注文するほどだとか。

 

またオーストリア市民はホイップクリームを好み、お菓子につけてよく消費します。

 

オーストリアのケーキが少しパサついているのは、ホイップクリームを絡めて食べることが前提に作られているからなんです。

 

 
page top