オーストリア,特徴

オーストリアの食文化

オーストリアの食文化についてです。

 

オーストリアの食文化はハンガリーやチェコといったかつてのオーストリア帝国支配地域、ドイツやイタリアなどの影響を受けています。

 

オーストリア料理にはそれぞれの国から伝わった料理に独自の味付けや食材が加わり、変化していったものが多いです。

 

ドイツ料理に似ていますが、オーストリア料理には東ヨーロッパの食文化の影響が出ているのが大きな違いです。

 

 

食文化の歴史

ひとくくりにオーストリア料理といっても、かつてのオーストリア帝国には様々な民族が住んでいて、それぞれが独自の食文化・調理法を持っていました。

 

そのためオーストリアの歴史を色濃く反映した料理のことは「ウィーン料理」と呼ぶ場合もあります。

 

ウィーンというのは文化の十字路と言える場所に位置しており、ローマ人やフンマ族、アヴァール人らの持つ様々な食文化が流入してきたのです。

 

さらにバーベンベルク家の統治下で商業都市として急速に発展していき、コショウやショウガといった香辛料がもたらされ食文化も変化していきました。

 

 
page top