オーストリア,特徴

オーストリアの音楽の歴史

オーストリアといえばやはり首都ウィーンの音楽文化が有名ですよね。「音楽の都」とまで呼ばれ世界中から留学生が集います。

 

しかしウィーンでは元々音楽が発達していてウィーン出身の音楽家が次々と輩出されたというわけではありません。

 

 

ウィーンの歴史とハプスブルク家の関係

ウィーンの音楽文化の歴史を語る上で無視できないのはハプスブルク家の存在です。

 

ウィーンはハプスブルク家が支配したハプスブルク帝国の首都です。

 

ハプスブルク家は音楽への莫大な出資をしていた為に、ウィーンにおける音楽は発展していきました。

 

何故音楽に出資をしたか。これはハプスブルク家が台頭する前にオーストリアを支配していたバーベンベルク家が音楽を振興の対象としており、それを引き継いだからです。

 

音楽は平和維持の為の重要な役割を担っていました。

 

モーツァルトやベートーヴェンなどの優秀な作曲家は環境が整っているウィーンへと居を移していきました。

 

オーストリアにおける有名な作曲家の多くが実は外の出身者なのはこれが理由です。

 

オーストリアというのはドイツ・イタリア・ハンガリーなどと国境を接しており、それぞれの国から優秀な人材がもたらされることが多かったのです。

 
page top