オーストリア,特徴

オーストリアの結婚式事情|姓の決まりは?

オーストリアでは結婚式にかかる費用は新婦側が受け持つことになっています。

 

新郎ではなく新婦です。

 

オーストリアは普通にレディファーストの国なのですが、オーストリアでは「結婚は女性の為」という概念が根強いようなのですね。

 

また伝統として式が終わって初めて夫婦として家に入る時は、夫が妻を抱きかかえなければならないというしきたりのようなものがあります。

 

 

結婚後の性について

結婚後に名乗る姓については日本でもたびたび議論になりますね。

 

オーストリアでは2013年までは、「夫または妻の姓を称する。自分の姓を後置することもできる」というのが原則されていました。つまり基本夫婦同姓ですね。

 

ですが2013年4月以降は婚前に特に手続きしないかぎりは原則として結婚前の氏を保持する。つまり夫婦別姓が原則に変更されました。

 

どちらかの氏を選択し同姓にする場合は結婚前に手続きが必要になります。

 

また夫婦別姓の場合、夫婦が子の姓について合意できない場合は母の姓となる規定があります。

 
page top