オーストリア,特徴

オーストリアの文化や習慣・生活のマナーの特徴

オーストリアの日常的な面における文化・習慣の特徴を紹介します。

 

食文化

オーストリアの食文化はかつてのオーストリア帝国支配地域(ハンガリーやチェコ)などの影響を受けています。

 

その為オーストリア料理には様々な民族が持つ味付けや調理法に、独自の改良を加え変化していったものが多いですね。

 

内陸国なので魚料理が少なく、肉料理が中心です。

 

また安全に水道水が飲める数少ない国の一つでもあります。おいしい水を使ったコーヒー文化は古くからオーストリアに根付いています

 

 

食事マナー

食事は皆一斉に。1人だけ先に食べ始めるのはバットマナーなので注意しましょう。

 

乾杯の時に相手の目を見ることも大切な礼儀作法の一つです。

 

その他音を立てて食べることや食べながらしゃべることなどもバッドマナーとされています。

 

飲食店

オーストリア、とくにウィーンには数多くのカフェが在り至る所で美味しいコーヒーやお菓子を楽しむことができます。

 

アルプスの湧き水からつくられるコーヒーは絶品でウィーンの名物となっています。

 

長時間の滞在でも文句を言われず、クリエイターの創作の場、学生・社会人の勉強や仕事の場として欠かせない場所としても機能しています。

 

チェスやビリヤードなどのゲームボードが置いてあるところもあり、オーストリア人にとっての憩いの場です。

 

日本と同様に無料で水道水を提供してくれます。他の欧州諸国では有料な所が多いのです。ただし高級レストランでは有料の場合もあります。

 

基本食べ残しはお持ち帰りOKです。

 

交通

オーストリアでは交通インフレが整備されています。

 

鉄道やバスが国中を網羅しており車がなくても市街地だろうと郊外だろうと自由に行き来することができます。

 

なお公共の乗り物内では禁煙ということは公共交通マナーとして基本中の基本です。

 

宗教

宗教全体の大部分はキリスト教(ローマカトリックが大半)です。しかし近年は教会の信者離れが急増しており教会税制度への不満が原因であると言われています。

 
page top