オーストリア,特徴

オーストリアの日常的な面における文化・習慣の特徴を紹介します。食文化オーストリアの食文化はかつてのオーストリア帝国支配地域(ハンガリーやチェコ)などの影響を受けています。その為オーストリア料理には様々な民族が持つ味付けや調理法に、独自の改良を加え変化していったものが多いですね。内陸国なので魚料理が少なく、肉料理が中心です。また安全に水道水が飲める数少ない国の一つでもあります。おいしい水を使ったコー...

オーストリアでの挨拶の文化・風習について解説しています。旅行に行ったときに役立つ言葉中心です。オーストリアの公用語はドイツ語です。ただオーストリアで使われるドイツ語は高地ドイツ語またはオーストリアドイツ語といって、標準のドイツ語とはちょっと異なります。オーストリアにおける基本的な挨拶一覧こんにちは・・・Gruess Gott(グリュースゴット)こんばんは・・・Guten Abend(グーテン・アー...

オーストリアで有名なお祭りを紹介しています。オーストリアといえば音楽。やはり音楽関連のお祭りが多いですね。毎月のように国内各地で音楽祭が開かれていますが、とくに有名な音楽祭を紹介したいと思います。ザルツブルク音楽祭オーストリアのザルツブルクで毎年夏に開かれるモーツァルトを記念した音楽祭です。世界最大の音楽祭の一つで、世界で名の知られたオーケストラや歌劇団、指揮者やソリストが集います。インスブルック...

オーストリアで盛んなスポーツを紹介します。ウィンタースポーツオーストリアは寒冷な気候と山がちな地形という環境からウィンタースポーツが盛んに行われており、冬季オリンピックでも多くのメダルを獲得しています。「ノルディックスキー」や「アペルンスキー」、ライフル射撃競技とクロスカントリースキーを融合させた競技「バイアスロン」などの強豪国として知られます。サッカーサッカーの人気も高くヨーロッパで最も古い歴史...

オーストリアのトイレ事情について解説しています。トイレに関しては何も知らずに行ったらおそらく結構なカルチャーショックを受けると思います。公衆トイレは有料オーストリアの公衆トイレはほとんどが有料です。駅でトイレを使う場合も使用料が必要です。30~50セントが相場です。コインを入れなければ中に入れません。これはオーストリアだけでなくヨーロッパの多くの国が有料になっています。有料なだけでなくあまり綺麗で...

オーストリアにも犬を飼っている人が多く、町を散歩して歩く人を見かけることは珍しい光景ではありません。特にウィーンは犬に寛容な都市で、レストランに犬連れで入っても追い出されることはありません。それどころか水やお菓子を出してくれることも。犬と人間の関わりは日本と同じくらいかそれ以上と考えて良いでしょう。ドッグゾーンという犬が思い切って遊べるエリアも存在します。生体販売について生体販売に関しては2005...

オーストリアでは結婚式にかかる費用は新婦側が受け持つことになっています。新郎ではなく新婦です。オーストリアは普通にレディファーストの国なのですが、オーストリアでは「結婚は女性の為」という概念が根強いようなのですね。また伝統として式が終わって初めて夫婦として家に入る時は、夫が妻を抱きかかえなければならないというしきたりのようなものがあります。結婚後の性について結婚後に名乗る姓については日本でもたびた...

オーストリアの首都ウィーンは古代ローマ時代からの歴史を持ち、その旧市街であるウィーン歴史地区には様々な時代の様々な建築様式の建築物があります。ホーフブルク宮殿ウィーンの中心部に位置するオーストリアの連邦大統領の公邸がある建築物です。神聖ローマ帝国時代やオーストリア帝国時代には王宮として使われました。シュテファン大聖堂外観はゴシック様式で内部の祭壇はバロック様式になっています。ウィーンの象徴的存在の...

オーストリア製作もしくはオーストリアを舞台にした映画でおすすめの作品を紹介しています。第三の男第二次世界大戦直後のウィーンを舞台にした1949年に公開された映画で、現在でも映画史に残る傑作として知られる名作です。舞台はオーストリアですが、製作国はイギリスです。光と影のコントラストが魅力的な映像や戦後の人々の複雑な心情を表現した脚本が評価されています。1949年に開催されたカンヌ国際映画祭でグランプ...

「ディアンドル」はオーストリアの民族衣装です。ディルンドル、ダールドルともいいます。オーストリアの他でもドイツのバイエルン地方などでも着られています。▼ディアンドルアルプス山脈の農家の女性が着ていた伝統的な衣装が元となっているそうです。「ディアンドル」の意味「ディアンドル」というのはバイエルン・オーストリア語で「お嬢さん」「若い娘さん」という意味です。オーストリアの街中に出稼ぎに来ていた若い小間使...

オーストリアは芸術に非常に力を入れている国です。この記事ではオーストリアの音楽や美術文化について触れています。音楽とくに音楽文化が発達しており、ウィーンは「音楽の都」と呼ばれています。音楽での成功を求めて他国からオーストリアへ市民権を移すケースも増えています。オーストリア人で有名な作曲家としてはモーツァルトがおり、ウィーンの顔のような存在です。モーツァルトは好きな作曲家の人気投票で常にベートーヴェ...

オーストリアといえばやはり首都ウィーンの音楽文化が有名ですよね。「音楽の都」とまで呼ばれ世界中から留学生が集います。しかしウィーンでは元々音楽が発達していてウィーン出身の音楽家が次々と輩出されたというわけではありません。ウィーンの歴史とハプスブルク家の関係ウィーンの音楽文化の歴史を語る上で無視できないのはハプスブルク家の存在です。ウィーンはハプスブルク家が支配したハプスブルク帝国の首都です。ハプス...

オーストリアの文学を語る上で欠かせないのは世紀末ウィーンでしょう。世紀末ウィーンというのは19世紀末にハンガリー帝国の首都ウィーンで極度に文化が発達したことにより展開した多様な文化事象の総称のことです。その中には当然文学も入っており、現在のオーストリア文学の基盤となったといってもいいでしょう。「カフェ文士」として知られ、「世紀末ウィーン」の名物男でもあったペーター・アルテンベルクは非常に有名な作家...

水道水が安全に飲める国は実はそこまで多くない(日本含めて10カ国ほどしかないそうです)のですが、オーストリアでは日本と同じように水道水は普通に飲むことができます。法律で定められた規格で国が厳しく管理しているので観光客の方も安心して飲まれるといいでしょう。水力発電にも使われているアルプスの湧き水を水源としており、安全なだけでなく大変美味しい飲み水となっています。この国でカフェが非常に発展しているのも...

 
page top