オーストリア,特徴

オーストリアの言語・公用語は?

オーストリア人の9割がドイツ語を母語として日常的に使っています。

 

ただしドイツ語といっても、ドイツで主に使われている標準ドイツ語(ハイジャーマンといわれる)とは少し相違があるオーストリアドイツ語が使われています。

 

これはドイツ南部などで使われている南部ドイツ語系の方言です。日本でいうと京都弁のようなものでしょう。細かい表現が色々違います。

 

※具体例としては標準ドイツ語で「こんにちは」は「Guten Tag」を使用しますが、オーストリアドイツ語では「Gruess Gott」を使用します。

 

あくまで方言なので標準語でも普通に通じます。京都の人に標準語で話しかけても通じるのと同じです。

 

実際オーストリアでもテレビやラジオの放送においては訛りや特有の言い回しが残るものの標準ドイツ語が使用されています。新聞や教科書で使われているのも標準ドイツ語です。

 

 

国内の方言

またオーストリア国内でも東と西でそれぞれ方言が異なります。

 

南部にはスロベニア人も居住しており、ドイツ語とスロベニア語の混成語である「Windisch」という方言も話されています。

 

そもそもドイツ語というのは地方差が大きい言語なのです。

 

また首都であるウィーンの方言は「ヴィーナリッシュ(ウィーン訛り)」として知られ、かつてのオーストリア=ハンガリー帝国の領土だったハンガリー・チェコ・イタリアなどの国の言語の影響の名残りといわれています。

 
page top