オーストリア,特徴

オーストリアの幼稚園

オーストリアの幼稚園事情についてです。

 

オーストリアでは小学校に入る前に必ず1年間幼稚園に通わせることを義務づけています。

 

これは小学校で基礎教育を受ける前に最低限の言語能力を身につけさせる措置、いわゆる準備期間です。

 

幼稚園が実質義務教育の一環になっている為に授業料などは無料のところがほとんどです。

 

 

待機児童問題について

オーストリアでは公営・私営ともに保育園・幼稚園が充実しており、日本のような待機児童問題はあまり聞きません。

 

ただ人気の保育所などは子供が生まれる前から予約を入れなければ入れない、というケースが多いです。

 

開園時間

開園時間は朝6時からよる5時半、所によっては夜8時までとかなり長いので仕事に対して融通が利きます。

 

入園者年齢

幼稚園には0歳から入園させることができるようになっており、生まれてすぐにでも働きにでなければならない親御さんにとって親切です。

 

小学校に入る前に1年間入園させるという条件さえ満たせば何歳から入れても自由なのです。

 

だから日本の幼稚園幼稚園のように年長・年少という区別がなく、1クラスの年齢は雑多に入り交じっているのが面白いですね。

 
page top